« Cloud Week 2015@Hokkaido University | トップページ

2015/09/25

Zabbix Conference 2015@ラトビア最新速報!と、Zabbixだけじゃない、OSSを徹底活用した運用自動化の実現

zabbix3.0のリリース時期は未定です。

【速報!Zabbix最新動向紹介】

@ike_dai さんのお話。
  • ラトビアまで行って参加。
  • 参加者は28カ国、183人(日本人7名)。
    • 国際カンファレンスなのにこじんまりしてますw
●Zabbix3.0
  • リリース時期未定。年内にはなんとか。
    • 新機能はまだbranchesでの開発中。trunkにはマージされていない…
●暗号化
Before
  • 平文で送受信。
  • 送信元IP制限は可能だったが、ログ監視結果/ホスト情報を見せたくない場合はVPN/SSH port forwardingなどで対応。
After
  • TLSv1.2の認証&暗号化。
  • PSK/証明書ベース。
  • OpenSSL、GnuTLS、PolarSSLが使用可能。
    • 暗号化したい部分のみ有効化可能
Passiveの暗号化
  • TLSAccept,,TLSPSKIdentity,TLSPSKFileが設定ファイルに追加される。
Activeの暗号化
  • TLSConnect,TLSPSKIdentity,TLSPSKFileが設定ファイルに追加される。

zabbix_sender,zabbix_getにもこれらに該当するオプションが追加される。

●Zabbix Frontend
MVCモデルでクリアなコードに。
→ページカスタマイズ/追加が楽に。

●Problem&trend prediction
forecast:特定の未来時間に値がどうなるかを評価
timeleft:特定の値に達するまでにあとどれぐらいかを評価

の機能が追加される予定。
  • 線形近似、指数近似、多項式近似、対数近似。累乗近似が使用可能。
    • 近似法は ユーザが指定 する必要がある。
●その他
  • トリガー関数などの閾値にパーセンタイルが使用可能に。
  • SMTP認証に対応
  • ハウスキーピング処理を任意のタイミングで手動実行。
    • zabbix_server -R housekeeper_execute
    • HouseKeepingFrequency=0で自動処理無効化が可能に。

これは地味だがすごく助かる。

  • Top100のフィルタリングが可能。
  • ZabbixUSAができた!
  • ZabbixShareβ公開。テンプレート/活用ソリューションがあるが、現段階では玉石混交。今後の運用は検討中。
●活用ソリューション・事例
zlm-python
  • ローダブルモジュールはC言語で実装されていてハードルが高い。
    • メインはPythonで会って、CからPythonコードを呼び出して組み込めるように。
      ※ローダブルモジュールはスクリプトによる監視に比べて5~10倍速い。
大規模環境のZabbix監視
  • 大規模な環境の場合、Zabbixに対する設定状態のチェックも重要
  • ZabbixのDB情報、CMDBの情報をDWHに集約し、JasperReportでレポート。
  • Zabbix Configuration Checker
    • 設定漏れがないことの監視を効果的に行う事例
globo.comの事例
  • ブラジルの放送局。CloudStackベースの大規模環境監視

zabbix_agentのデバッグ
http://www.slideshare.net/Zabbix/volker-frhlich-how-to-debug-common-agent-issues
このスライドおすすめ。

【Zabbix監視運用業務の自動化事例】

@satoruf さんのお話。

https://tis-oss.doorkeeper.jp/events/24978
で聞いた話のアップデート版

  • 最新のJobScheduler(v1.10)ではユニバーサルエージェントでDocker、RaspberryPiにも対応。
    • 残念ながら有償版のみ
  • HyClops JobMonitoringではバッチ実行時に監視の閾値を変更する、などが可能。

【Zabbixだけじゃない OSSの監視とジョブ管理ーHinemosのご紹介】

  • 監視とジョブをワンパッケージで使えます
  • インストールはコマンド一発。DBも入ります。エージェントも一発で監視/ジョブが使えます
  • 簡単設定

●Zabbixと違うところその①
Hinemosは雰囲気で監視が設定できる。

●Zabbixと違うところその②
「スコープ」と「テンプレート」
  • Hinemosはノードを「スコープ」という単位でグループ化
  • Zabbixは監視設定をグループ化
HinemosはHinemosマネージャとHinemosエージェントを入れれば監視もジョブもすぐ使えます。
  • Zabbix+JobSchdulerは…

Hinemos5.0からジョブのリトライが可能になった。

この方はHinemosWorldでも登壇するので聞きたいが、残念ながらDevSumiとかぶってる…

【Zabbixを徹底活用!~~高度なPostgreSQL監視を実現する pg_monzのご紹介】

PostgreSQLは主に稼働統計情報で監視
  • PostgreSQLのアクティビティ情報を蓄積
  • SELECT文でビューにアクセスして参照
    • pg_stat_activity、pg_stat_databaseなど
  • 主に累積値なので差分から事象を判断する必要がある。
●PostgreSQL専用ツール
pg_statsinfo,pg_stats_reporterが代表だが
  • 専用のリポジトリDBが必要
  • 統合監視ツールとは別に運用する必要がある。
●pg_monzでできること
クラスタとしてのサービス状態監視
  • サーバだけの監視では気づきにくいクラスタ特有の障害に対応
●pg_monzで活用するZabbix機能
  • v1ではAgentのみを利用
  • v2ではAgentとSenderを利用
    • PostgreSQLサーバへの接続とSQL実行回数を削減
  • Zabbixローレベルディスカバリ
    • 環境に合わせた監視設定を自動で生成
    • データベース単位の監視設定、Standbyサーバへのレプリケーション監視設定

ZabbixでPostgreSQLを監視できます。そう、pg_monzならね。

なぜか外人からしかプルリクが来ないという嘆き。

|

« Cloud Week 2015@Hokkaido University | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Zabbix Conference 2015@ラトビア最新速報!と、Zabbixだけじゃない、OSSを徹底活用した運用自動化の実現:

« Cloud Week 2015@Hokkaido University | トップページ