« Developers.IO 2015 Developer Day | トップページ | Japan IT Week 2日目 »

2015/04/08

Java Day Tokyo 2015

【基調講演】

  • 杉原CEOがスライドにちょいちょいダジャレをぶち込んでます。
    • java原人
    • javaコーヒー

  • ゴスリンからのビデオメッセージ。
    • うちで働くにはシュノーケルつけて潜るスキルが必要だよ。海の中で動くロボットにもJavaは使われてるんだから。hahaha!

  • Pepper SDKの発表。
  • 楽天のミッションクリティカルサービスはJavaで作られている。
    • JCPに参加。JSRへコミットしていく。

手話通訳者がいました。すげえ。


【Javaクラウドサービスが実現する新しいエンタープライズJava】

  • 運用レベルに応じてJavaCloudService、VirtualImageが選べます。

  • 1OCPU=2012年のXeon3GHz相当のスペックとして定義

  • インスタンスの作成には 2〜30分 かかります…

  • バックアップとるためには、 Storageサービスも契約 する必要があります。

  • リポジトリが作成されるので Databaseサービスも契約 する必要があります。


さすがに高いわ。



【Date and Time API and other technologies of Java SE8】
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1412/16/news041.html
の話。

●DayOfWeek and Month Enums

  • 月も曜日も1から始まるようになりました。

  • 1-12,1-7。 Enum使えば問題にならない。/li>

●LocalDate

  • "次の水曜日"みたいな取り方ができるようになりました。

●MonthDay and Year

  • "2/29"が特定の年で有効な日付か?みたいなのがbooleanで取れます。

●LocalDateTime

  • ローカル日付を生成後に、TimeZoneをひもづけることができます。

●Instant

  • 現在のタイムラインを基準として、nano secまで取得できます。

  • Instant timestamp = Instant.now();

●Predefined Queries

  • 各桁(年月など)の精度がクエリできます。

  • カスタムクエリとして、"休み期間です"のようにInterfaceを実装できます。

●Regional Calendar

  • Japanese HEISEI 9/29 などの変換ができるよ。

●これからの予定

  • オプションフィールドの追加

  • CaseSensitiveに対応

積極的にリファクタリングしたいですね。

【Project Lambdaハンズオン - ラムダ道場】

  • ラムダ式は例外処理と相性が悪い。
  • 実行時例外を握りつぶすことも…

  • NetBeans、IntelliJは勝手にLambda式に変換してくれます。

  • classファイルは生成されない。

  • JDK9から"_"は使えなくなります。

  • メソッド参照を使いすぎると、読みづらくなるよ。メンバーに優しくない。

TIPS


|

« Developers.IO 2015 Developer Day | トップページ | Japan IT Week 2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Java Day Tokyo 2015:

« Developers.IO 2015 Developer Day | トップページ | Japan IT Week 2日目 »