« Developers Summit2日目 | トップページ | OSC 2015 Tokyo/Spring »

2015/02/25

OSS運用管理ツール(Hinemos、Zabbix)最新動向セミナー 2015春

【クラウド/サーバ仮想化の動向と、運用管理ツールに求められること】
・日本はメインフレーム、UNIXが他国に比べて多い。
・旧来のITの象徴として、なぜか大和の写真w
 →大砲主義を表してるらしい。

ひとつの管理ソフトですべてを賄うのは難しいですね、との言葉。
レッドハットがそんなこと言うと思わなかった。

・次期OpenShiftはkubernetesとDockerを全面に押し出します。


【クラウド時代の運用管理ツール「Hinemos 」最新動向】
HinemosWorldで見たのと同じ資料でした。

Hinemosは”一元管理可能です”って言っちゃうんだ…


【Zabbix 3.0の最新動向とクラウド、オンプレミス、リモート拠点の一元監視】
JMXの監視を試してみようか。
VMware監視で見つけたVMのホストインベントリが設定できないんですがそれは…
・自社移転でインフラ構築したときの監視をネタとして紹介
・サポートの問い合わせ内容を検証するためにDockerを導入しました。
・クラウド上からスマートフォンへチャットで障害をプッシュ通知。
・チャットボットを利用した音声通知を作成中→ボットもZabbixで監視

●3.0の新機能
・サーバー/プロキシ/エージェント間の通信を認証&暗号化
・任意のタイミングで監視データ取得/housekeeper
・LLDの強化

・新UI
 →見た目はあまり変わらないけど、PHPのコードは大幅に書き換えた。
・グラフ、マップ、スクリーンをユーザー間で共有
 これはすばらしい改良!

・Zabbix設定バックアップツールを提供しています。
 →アクティブ-アクティブ構成の設定複製のために使用できます。


【ZabbixでPostgreSQLを監視、pg_monz v2.0のご紹介】
・zabbix_senderで複数の監視データを返却

ベータ出てたのね。使ってみようか。
・対象バージョン
 Zabbix2.0以降
 PostgreSQL9.2以降
 pgpool-II 3.4以降

|

« Developers Summit2日目 | トップページ | OSC 2015 Tokyo/Spring »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OSS運用管理ツール(Hinemos、Zabbix)最新動向セミナー 2015春:

« Developers Summit2日目 | トップページ | OSC 2015 Tokyo/Spring »