« Developers Summit1日目 | トップページ | OSS運用管理ツール(Hinemos、Zabbix)最新動向セミナー 2015春 »

2015/02/20

Developers Summit2日目

【「DevOps」やってみた。そして、気づいたこと、陥ること、見直すところ】
最終的には、
・みんな仲良くやろうぜ!
で締められました。

【進化する!インテル? RealSense? テクノロジー】
* 次世代のインターフェース
音声、顔、手など。
* RealSense3Dカメラ(深度センサ付き)の開発キットを$99で予約受付中
* SDKは無料でダウンロード可能
* もうRealSense積んだパソコンがリリースされます。
* SDKは今年中にAndroidもサポートします。
* タブレット内蔵型のカメラも出す予定です。
* Coreプロセッサの第4世代(Haswell)以降が必要です。
* OSは今のところWindows8.1のDesktopMode
* Windows8.1のMetroModeとWindows7はこれからサポート
* Kinectは全身の動きをトラッキングするのでカメラからちょっと離れる必要がある
* RealSenseはパソコンの近くを想定。手と指の22点をトラッキング
* デモすげぇぇぇぇ!
→キャラクターがカメラに合わせて舌出したり、ポリゴンキャラクターに自分の顔をはめ込んだり。

【システム開発を前進させるためのGradle導入法】
●自動化と開発現場の状況
* 自動化とは
** 定型的なものほど導入しやすい
** 繰り返し行うほどコストメリット高
** 手作業による人的ミスの排除
** 手順書メンテナンスという苦行から解放

* 昨今の自動化の流れ
** テストの自動化
** 継続的インテグレーション
** 継続的デリバリー
** 環境構築の自動化

* 開発現場での自動化
** ビルド、ユニットテスト、デプロイ、ソース・DDL・DMLの自動生成

* ドキュメントのチェック、納品作業などは手作業のままのところが多い

●Gradleとは
* OSSの自動化ツール
* GroovyベースのDSLで定義を技術
* Apache License2.0
* 最新バージョンは2.3
* IDE連携にやや難あり→最新でWTPサポートが改善されました

●なぜGradle?
* ビルドスクリプトが簡潔に書ける
* 適用範囲が広い
* いろいろな言語に対応(中)
* Androidの公式ビルドツール
* 2.0以降はC/C++にも力を入れている

●環境
* JVMだけでOK
* JAVA_HOMEの設定は必要。
* JDK8を推奨。→Gradle2.0以上を使用してください。

●自動インストール方式
* Gradleラッパーにより利用者に明示的なインストール、設定をさせずに配布可能
* gradlewコマンド実行で初回実行時にダウンロードしてそのまま実行
* 使用するGradleに社内向けカスタマイズをしておける

●スクリプトによる簡潔な記述
* GroovyDSLによる簡潔な記法
* Javaのコードをそのまま書くことも可能

●Javaライブラリとの親和性
* ドキュメントのチェックや自動生成などではApachePOIが大活躍
* Excel参照なら、GExcelAPIがオススメ

●互換性重視のAPI提供
* 後方互換性に配慮した機能ライフサイクルポリシーによって段階的な機能の追加や廃止を実現
* バージョンアップによる影響を小さくし、より安定的に機能を提供

●他のビルドツールの資産活用
* Ant
** build.xmlをそのまま実行可能
** タスクレベルでの実行も可能

* Maven
** MavenCentralリポジトリを参照可能
** pom.xmlからビルドスクリプトを生成

●柔軟なプラグイン導入方式
* プラグインが作りやすい
* 段階的に定義が可能
** 直書き→スクリプトの分割→モジュール化

●Gradle導入法と移行
* 導入パターン
** 管理系支援ツールとして
** →データ集計、レポート出力など
** 開発支援ツールとして
** →自動生成、テスト支援など
** ビルドツールとして
** →新規導入or既存ビルドツールから移行

●タスクのリファクタリング
* タスクは単一責務を考える

●プラグインの抽出
* 他のプロジェクトにも利用可能なタスクはプラグインとして切り出し


【おさえておきたいモダンなチーム開発を支えるツール連携】
https://www.atlassian.com/ja/
のツール紹介&デモ

* "開発"だけがチーム開発ではないです。
* 企画、開発、運用の協調が大事です。


【社内スタートアップによる組織の成長に伴い発生する痛みとその解決策について(拡大版)】
slideshareにアップされてるし、おもしろいので話に集中。
相変わらず周りはカシャカシャうるさいです。

|

« Developers Summit1日目 | トップページ | OSS運用管理ツール(Hinemos、Zabbix)最新動向セミナー 2015春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Developers Summit2日目:

« Developers Summit1日目 | トップページ | OSS運用管理ツール(Hinemos、Zabbix)最新動向セミナー 2015春 »