« Oracle Days Tokyo 2014 | トップページ | vForum2014 1日目 »

2014/10/30

クラウドコンピューティングEXPO秋

2日目だけ参加。

【CJ-S1】
同時通訳のセッションです。

●ITトランスフォーメーション(Box)
SFジャイアンツファンで試合が気になるとのことで、iPadを机の上に。
というように今では必要な情報がどこでも手に入れられますね、という小ネタから。

・BOXは日本でも急成長。CTCも使ってます。
・2010年は6億5千万、2015年には13億人のインフォメーションワーカーが存在する。
・今や、一ヶ所で仕事をしているわけではありません。PCの前にいなくても仕事ができるようになっています。この流れにはレガシーソフトウェアでは追い付くことができません。
・IT戦略を考え直す。システム中心の戦略→ユーザー中心の戦略に変わってきています。
・SFジャイアンツがWS制覇しました。BANZAI!!!!
 ←こちとら日本人だ。青木のロイヤルズ応援してるんだぞ

「明日の働きかたを作りましょう」で〆です。


●次世代クラウドが繋がるモノ(IoE)の可能性を解き放つ(Cisco)
この人もSFジャイアンツファン。

・新たに接続されたデバイスにより大量のデータが生成されている。
・これを使用するのはB2Bクラウド、ビッグデータ/分析、さらにIoEが統合されたシステムアーキテクチャです。
・人、プロセス、データ、モノがつながるネットワーク。
・ IoEは2022年までに世界全体の企業利益を21%引き上げる可能性があります。
・2020年には500億台のスマートオブジェクトがつながる。電気や電話の5倍の速度で普及する。
・IoTアプリケーションが新たな用件を産み出す。
→統合型マネージドネットワーク、クラウド、セキュリティ、分散型のデータと分析、分散型アプリケーションの活用

IoE ー 次世代プラットフォーム
・Cisco Service Exchange Platform

データ集約型IoEの課題
・北海油田では2TB/油田/日のデータが発生しているが、使用しているのは1%だけ。

今、私たちは大量のデータの真っ只中にいます。
次世代の分散型クラウの実現が、何兆ドルもの利益を産み出す大きな波になります。

|

« Oracle Days Tokyo 2014 | トップページ | vForum2014 1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラウドコンピューティングEXPO秋:

« Oracle Days Tokyo 2014 | トップページ | vForum2014 1日目 »