« cloudstack4.3.0起動 | トップページ | McAfee Macnica Security Conference 2014 »

2014/09/10

AWS Cloud Storage & DB Day 2014

昨日いってきました。

●コンテンツグラビティ時代のクラウド活用

クラウドストレージはアマゾンストアで使うために開発した。
Amazon Glacierはアーカイブ向け。でも、S3と同レベルの堅牢性。

Amazon Redshiftはペタバイト規模でも年間コストは$1000/TBぐらいで安価です。

「コンテンツグラビティ」とは「データの周りに処理を集める」 ←Amazonさん、ちょっと何言ってるかわかんないです。 AWSにデータ載せたら、周りにいっぱいサービスあるよってこと?


●メディア制作フローの未来
Sonyピクチャーはクラウドで映画作成のワークフローシステムを作りました。
sonymcs.comを見てね。

●新鮮なビッグデータ
Amazon Kinesisの話。

●ガリバーの考えるContent Gravity
コネクテッドカーサービスの話。前にも聞いた。

・ながらスマホが問題になってるので、車に乗らないで使えるサービスにしている。
 →ex.どこに駐車した?駐車してから何分たった?
・スタンプはまだ8パターンしかないです。

・kinesisが決めてとなって、AWSで開発することにした。

・事業自体がアジャイルみたいなもんなので、スモールスタートできるのは助かる。

・最後は経営の意思決定との距離感。それを詰めれるのがContentGravityかも。

|

« cloudstack4.3.0起動 | トップページ | McAfee Macnica Security Conference 2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AWS Cloud Storage & DB Day 2014:

« cloudstack4.3.0起動 | トップページ | McAfee Macnica Security Conference 2014 »