« 海底駅 | トップページ | 千歳航空祭 »

2008/08/07

旅の最後はノスタルジック

9時に牧場に着き、トラックに乗せていただいて放牧場へ。
いました。ゆったりとたたずむ黒鹿毛の馬体。
門別にいたとき以来、10年ぶりのダイタクヘリオスです。

白内障で視力が落ちていて駆け回ることはなかったが、草を食みながら近くにいて鼻面をなでさせてくれた。
しゃがみこんでヘリオスの目を見つめながらレースを思い出してたら、あっという間に時間がたった。

駅に戻って新幹線はやての写真取ったら、そこから7時間の移動開始です。
飛行機の1時間半は苦痛なのに、白鳥で3時間、さらに北斗で3時間でも苦痛じゃないな(笑)

北斗に乗ってる間、ビール飲みながらずっと90年代前半の競馬が頭を巡り、その折々の記憶が甦る。
結局、今回の旅は自分の一番楽しかった時期を思い出しにいっただけじゃねぇか。
20代半ばから今まで惰性で生きてきたようなもんだなと思ったら鬱になった。

明日から日常に戻ります。

Img_7466


|

« 海底駅 | トップページ | 千歳航空祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の最後はノスタルジック:

« 海底駅 | トップページ | 千歳航空祭 »