« シリーズ第1戦 | トップページ | シリーズ第3戦 »

2006/10/22

シリーズ第2戦

幸先よく森本がヒットで出塁。
賢介が送ってガッツは三振に倒れるが、セギノールがショート強襲のタイムリーヒットで先制!
しかし、その裏にまさかまさかの井端に同点HRをレフトスタンドへ叩き込まれる。

4回には福留に勝ち越しソロをライトスタンドへ運ばれた…

5回のノーアウト1・2塁のピンチは、山本昌の送りバントを八木が素晴らしいフィールディングで三塁封殺。
さらに荒木・井端と打ち取って得点を許さない。
見ごたえある勝負だったわ。

7回、稲葉のエラー出塁・新庄ヒットで1死1・3塁。
鶴岡は三振に倒れるが、会長がセンター前2点タイムリーで逆転!
ここで山本昌を引き摺り下ろす。

武田久登板だが、今日もピリッとせず1死1・2塁のピンチ。
さらに代打立浪でドラファンの盛り上がり最高潮。
中途半端なバッティングが三遊間を抜けそうになるが、金子のナイスキャッチと荒木のピッチャーゴロでなんとか無失点で切り抜ける。

8回にはセギノールの2ランで突き放し5-2!
打った瞬間それとわかる当たりってヤツだ。

最後はマイケルがビシッと締めてゲームセット。
いいムードで札幌帰ってこれるわ。

ホームで一気に3タテで決めるぜ!

|

« シリーズ第1戦 | トップページ | シリーズ第3戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ第2戦:

« シリーズ第1戦 | トップページ | シリーズ第3戦 »