« 東京出張 | トップページ | vsホークス »

2006/04/15

vsホークス 幻のノーヒッター

先発は八木-斉藤

八木は7回まで斉藤と投げ合って、ホークス打線をノーヒットに押さえ込んでいる。
7回終わって斉藤は降板。
ランナー出しながらも斉藤は無失点。
とはいっても、ファイターズ打線が拙攻・ボーンヘッドで得点を挙げられていにだけ。
バントもロクに決められず、ヒッティングでも中途半端なスイングをする選手は出さない方がいいと思う。
飯山と信二を引っ込めて、川島と鶴岡を出せ。

そして8回を終わってなおも八木はノーヒットピッチング。しかし、スコアは0-0。
ここで点とれなきゃ全部水の泡だ。

9回表、2死から信二出塁も飯山三振でチェンジ。
9回裏も八木が抑えて、0-0のまま延長に突入。10回を投げる力は残っていないだろう。
いっそ打たれた方があきらめがついたろうに。

10回表、先頭のマシーアスがヒットで出塁、代走賢介。
森本送りバント、ガッツ敬遠で1死1・2塁。
セギノールはセカンドエラー出塁で1死満塁。
稲葉セカンドフライで2死満塁。
しかし、川島はセカンドゴロでまたしても得点ならず。
どれだけタイムリー欠乏症よ。

10回裏、なんと八木がマウンドに上がった。
そしてここもノーヒットに抑えるが、すでに球数は150。もう限界だ。
ここまで投げて完封どころか勝ち星すらつかないとは。
ルーキー見殺しか。

11回表
信二出塁で1死1塁、代走に金子。
代打幸雄は倒れ、賢介ヒットで2死1・3塁。
しかし、新庄三振でまたしても無得点。

11回裏
ピッチャー武田久。ノーヒットの八木の後をうけ、3人で切って取る。

12回表
1死1・3塁から川島のゲッツー崩れの間にガッツ生還でとうとう1点をもぎとる。

12回裏
守護神マイケル降臨。
宮地・仲沢と打ち取るも松中・稲嶺と連続フォアボールで2死1・2塁。
最後は井出を三振にしとめなんとか勝利。

連敗脱出、そしてプロ野球初となる継投による延長戦ノーヒットノーラン。
八木に勝ちはつかず、タイムリーも出なかったがみんなでもぎ取った勝利。
これをはずみとしてもらいたい。

|

« 東京出張 | トップページ | vsホークス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vsホークス 幻のノーヒッター:

« 東京出張 | トップページ | vsホークス »