« TX復活 | トップページ | Palm Magazine 永久保存版 »

2006/03/19

vsドラゴンズ(オープン戦) そしてWBCは決勝へ

今日はバックネット裏からの観戦。
1塁ベースコーチの平野はクラシックスタイルなんですね。

飯山のサードはセカンドへの送球が危なっかしい。

2回裏ノーアウト1・2塁からゲッツー崩れで1死1・3塁。
飯山が中途半端なスイングで三振、鶴岡はセンターフライで無得点。
まだバントの使い所がおかしい。

今日は稲葉のいいポジショニングが目立つ。
先取点も稲葉のレフトフェンス直撃のツーベース。
稲葉はここで森本に交代。

6回にはマシーアスが下がり川島。
最近マシーアスの当たりが止まってるし、川島が一軍の可能性が高まってきたな。
八木は5回まで3安打無失点。
交代かと思ったが続投。どこまで行けるか見極めるための続投だな。
結局6・7回を無安打に抑えて7回3安打無失点。
ローテーション入り確定ですね。

9回は賢介のまずい送球から2点を奪われ逆転を許してしまう。
一応、ヒットの表示になってはいたがエラーっぽい。

9回裏は新庄の内野安打で1死1塁。
しかし、最後はワッショイが始まったが飯山ゲッツーでゲームセット。

内野席まで信二のメガダンやってるバカが増殖してる。
死ねばいいのに。


WBCが気になってしかたないのでずっとレシーバでTV音声聞き続けていた。
やっぱりTBS松下最悪。
再開時に「緊張は切れてないようですね」という解説に「長州小力ならキレてないっすよと言うところですね」
アホか。
死ねばいいのに。

21日、野球ファンすべての夢が結実する。

|

« TX復活 | トップページ | Palm Magazine 永久保存版 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vsドラゴンズ(オープン戦) そしてWBCは決勝へ:

« TX復活 | トップページ | Palm Magazine 永久保存版 »