« vs西武ライオンズ - 痛い敗戦 | トップページ | vsオリックスバファローズ - エースの証し »

2005/09/07

vs西武ライオンズ - 鎌倉炎上

先発は
ファイターズ:鎌倉
ライオンズ:松坂

鎌倉は前回のイーグルス戦を7回1失点の好投で6勝目をあげた。

しかしその鎌倉が4回にライオンズ打線に捕まってしまった。
2死1・2塁から中島に3ラン被弾。
さらに3連打で1点を失い、なおも2死1・2塁。
続く片岡にもヒットを許すが、坪井の好返球でセカンドランナー細川を本塁刺殺でチェンジ。
松坂相手に4点のビハインドは痛すぎます。

5回表は1死1・2塁のチャンス。
しかし、ガッツのファーストライナーゲッツーでチェンジ。
反撃ムードだっただけに痛いゲッツーだ。

5回裏、先頭打者フェルナンデスのソロ、2アウト後にも石井にソロを浴びて0-6。
続く中島にセンター前ヒットを浴びたところでピッチャー横山。
代わった横山も赤田・細川と連打を浴びてさらに1点を失い、0-7。

6回にも横山がツーベース2本で1点、代わった橋本もフォアボール・ワイルドピッチで2点を失う。

結局、この4・5・6回の得点で試合はそのまま決してしまった。
ファイターズは8回に坪井のホームランでわずかに1点を返したのみ。

そして3位オリックスも首位ホークスに勝利したため、プレーオフ圏までは4.5ゲーム差と広がった。
残りは14試合。不可能とはいわないが、より厳しい状況になったのは間違いない。

ファンはただただ勝利を信じて応援するのみです。

|

« vs西武ライオンズ - 痛い敗戦 | トップページ | vsオリックスバファローズ - エースの証し »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vs西武ライオンズ - 鎌倉炎上:

« vs西武ライオンズ - 痛い敗戦 | トップページ | vsオリックスバファローズ - エースの証し »