« ゲーリー・デンボ打撃コーチ退団 | トップページ | vs西武ライオンズ - 逆転勝利 »

2005/08/06

vs西武ライオンズ - 初めての完投

先発はダルビッシュ-西口
これは面白そうだな。

●2回裏
セギノール・木元と連続ヒットも稲葉・信二が倒れて小田。
ツースリーまで粘るが見逃しの三振。

●3回表
先頭の石井がレフト前、片岡が送りバントで1死2塁。
それでも貝塚・カブレラと打ち取って無失点。
今日は粘りのピッチングだ。
7回ぐらいが限界じゃないかな。

●3回裏
2アウトから、坪井・ガッツの連続ヒットで1-3塁。
粘るセギノール。がしかし最後はサードファールフライで無得点。
やっぱり今の打線はチャンスをつくるが決め手を欠く。

●4回表
ハゲの2ベース、フェルナンデスのレフト前で1点を失う。
小関の送りバント、見送ったがライン上でピタリと止まってしまう。信二のボーンヘッドだ。
細川もうまい送りバントで1死2・3塁。
高木にあっさりタイムリーを打たれて2点目献上。
全般的に球が浮いてる気がする。
西口相手にこれ以上は厳しい。
しかし石井の犠飛で3点目。
完全に高めを狙われている。

●5回表
またしても先頭に高めの球をヒットされる。絶対ねらい打ち。
カブレラをゲッツーに切ってとり無失点で抑えるが6回が限界だな。

●5回裏
金子・森本と倒れたあと、当たってる坪井がレフト線へ坪井らしいヒット。

●7回表
相変わらず先頭打者に打たれるな。

●8回裏
今日の主審だれよ?
絶対判定おかしいぞ。
ヒルマンの采配もおかしい。
2アウトから田中幸雄出すならセギノールに代打だろ。
一気に決めに行くなら直で田中幸雄、じゃなければ奈良原で送りバントかエンドランで木元・幸雄という流れを作るべきだ。

●9回表
ダルビッシュ、9回を投げきって3失点。
これで防御率は3.33となった。
先発陣の中では立石につづく成績。
1試合あたりのイニング数が長いことを考えれば上出来すぎ。

そしてダルビッシュの完投も実らず、零封負け。
明日はドームで観戦です。
入来の熱い投球がみたい。

|

« ゲーリー・デンボ打撃コーチ退団 | トップページ | vs西武ライオンズ - 逆転勝利 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vs西武ライオンズ - 初めての完投:

« ゲーリー・デンボ打撃コーチ退団 | トップページ | vs西武ライオンズ - 逆転勝利 »