« vs楽天イーグルス - 力投 | トップページ | vs千葉ロッテマリーンズ - それでもダルビッシュは負けない »

2005/07/18

vs千葉ロッテマリーンズ - ホームが遠い…

今日はヒルマン監督が緊急帰国で白井監督代行。
まともな采配してくれるかと思いきや…
スタメンでDHアルモンテorz
1割台のDHなんてありえねぇ。

ロッテのスタメンにはフランコ・李承燁がいない。
完全に対左用のメンバー。

先発リーのイメージは、ストライクが先行するタイプ。
というかストライク集めすぎ。制球は良さそうだが球軽いかも。

今日も得点機にあと1本が出ない。

1回裏(ノーアウト2塁も…)
森本が左中間を破るツーベース。
小谷野のファーストゴロで三進するが、小笠原三振・セギノールサードゴロでチェンジ

2回表
里崎ライト前ヒット・サブロー四球
パスクチがファーストファールフライの後、大塚のセンター前でまずは1点献上。

2回裏(アルモンテ・ブレーキ1)
信二がショートゴロ、ファーストのエラーで出塁もアルモンテがショートゴロ併殺。

3回表(リー・ボーク1)
今江、西岡サードゴロ。
堀がライト前ヒットの後、ボークで二進。

4回裏(アルモンテ・ブレーキ2)
小笠原がレフト前ヒット。
セギノールのショートゴロの間に二進。
新庄がレフトオーバーツーベースで1点を返す。
信二がショート内野安打もアルモンテは三振。
どこ見て振ってんのよ。

5回表(リー・ボーク2)
初芝が四球、今江がセンター前ヒットで無死1・2塁。
西岡はサードゴロで3・2塁併殺。2死1塁。
しかし、堀のカウント1-0からボークで二進。
堀がレフト前タイムリーで2点目献上。
自滅ですね。

6回表(ピッチャー武田)
リーはさすがにボーク2つでは代えざるを得ない。
代わった武田は三者凡退で抑える。
いいピッチングだった。

7回表
初芝が三遊間を破るヒット、今江がレフト線ツーベースで1死2・3塁。
しかし、西岡のセカンドゴロでサードランナー初芝が飛び出してタッチアウト。
1点儲けた。

7回裏(アルモンテ2つ目の三振)
まったく球が見えていません。

8回表(ピッチャートーマス)
福浦・中飛、里崎・三振、サブロー・一邪飛でピシャリと締める。
今日はトーマスを引っ張ってもいいと思ったのだが。

9回表(ピッチャー建山)
トーマスがフランコから三振を取ったところでピッチャー建山にスイッチ。
客からはブーイングが起きる。
傍目にも球が走ってるように見えただけに当然か。
代わりっぱなに大塚・左中間ツーベース、初芝の代打に李承燁・四球でピンチ。
小笠原のファインプレーで今江・三邪飛、西岡・セカンドゴロでチェンジ。

9回裏(ピッチャー小林雅)
日ハムファンはすでにあきらめムード。
しかし、小笠原が起死回生のセンターライナーホームランで同点。延長へ。

10回表
小坂、福浦に連続でセンターフライ。
両翼なら2本とも入ってる大飛球に見えた。
そして里崎もセンターフライ。
全部フェンスぎりぎりです。明らかに球が浮いてます。

11回表(なぜまだ建山を引っ張る?)
諸積のライト前ヒットでランナー1塁。
そして李承燁にセンターへ2ランを打ち込まれる。
完全に狙ってた打球ですよ。
マウンドに崩れ落ちる建山。
ここでやっと橋本にスイッチ。
遅いよ。監督いなくてもブラウンがいれば一緒かよ。

11回裏(押せ押せだが…)
森本・四球、木元・レフト前ヒットで無死1・2塁。
ピッチャー薮田にスイッチ。
小笠原がライト前ヒットで無死満塁に。
しかし、セギノール・新庄と連続三振。
新庄のスイングは完全にホームラン狙いでした。
一打同点でいいところでやりすぎです。
信二が死球で押し出し。4-3。
小田のサードファールフライで試合終了。

最後の最後で無死満塁の見せ場なのにデッドボールの1点のみ。
手首に当たったように見えたし、明日は信二やばいかもしんない。
小笠原の4安打だけが一筋の光明。

今日のピンバッジ:芝草

画像はこちら

|

« vs楽天イーグルス - 力投 | トップページ | vs千葉ロッテマリーンズ - それでもダルビッシュは負けない »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vs千葉ロッテマリーンズ - ホームが遠い…:

« vs楽天イーグルス - 力投 | トップページ | vs千葉ロッテマリーンズ - それでもダルビッシュは負けない »