« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/31

vsオリックスバファローズ @帯広

先発メンバーのポジション・打順ともかなり動いた。
2番 奈良原
5番 木元・ファースト
6番 田中幸雄・レフト

このおかげか
奈良原がフォアボールを選んで、小笠原・セギノールの連続ヒットで先制。
続く木元もヒットで1死満塁。
しかし田中幸雄のセカンドライナーでアンラッキーなゲッツー。

2回裏 稲葉のソロで1点追加。

3回表 入来の悪送球から1点献上からタイムリーでさらに3点で逆転を許す。

4回裏 田中幸雄のソロで4-3

7回表 谷のソロで5-3。変わった武田もピリッとせず8-3に。

9回裏 2アウト1塁から小笠原が1点差に詰め寄る2ラン。しかしセギノール三振でゲームセット。
またしても追いつかない程度の反撃。
悔しいが3位のバファローズとの直対で2連敗。これが厳然たる事実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

vsオリックスバファローズ @釧路

ついにダルビッシュが敗戦投手に。
7回3失点なら先発の仕事はこなしたと思うがな。
打撃のムラが多すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/28

vs楽天イーグルス - 2勝1敗

ということで4連戦のうち、雨で1試合が流れて3試合。
入来と金村で勝利。リーは次回へ課題を残す内容。
まあ、最低線はなんとかクリアしてるかという感じですね。
今日の試合はホームラン無しで1イニング8得点など、打棒爆発の試合でした。

それはいいとして小笠原の欠場が気になるんだが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

アクションバンド休刊へ

来月発売の10月号をもって休刊へ。
買ってきたままほったからしてあったアクションバンドを読んでいたら巻末にひっそりと休刊のお知らせが。
最近、薄いなぁとは思っていたがあまりにも突然の休刊。
ラジオライフは大丈夫だろうかと心配になる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/19

vs千葉ロッテマリーンズ - それでもダルビッシュは負けない

ダルビッシュは7回1/3を2失点で降板。
そして、9回裏ランナー無しの場面で稲葉がコバスコから同点ソロ。
ダルビッシュの負けはなくなったが、橋本が橋本に(笑)勝ち越しのソロ被弾。
続く今江にもソロ被弾で4-2。

なぜだ。2試合連続でクローザーからホームランでなぜ勝てん。
一気に逆転まで持っていけない打線が悪いのか。

結局10回裏は三者凡退でゲームセット。
借金は今季最多の13。

明日は金村-久保。
絶対勝て。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/18

vs千葉ロッテマリーンズ - ホームが遠い…

今日はヒルマン監督が緊急帰国で白井監督代行。
まともな采配してくれるかと思いきや…
スタメンでDHアルモンテorz
1割台のDHなんてありえねぇ。

ロッテのスタメンにはフランコ・李承燁がいない。
完全に対左用のメンバー。

先発リーのイメージは、ストライクが先行するタイプ。
というかストライク集めすぎ。制球は良さそうだが球軽いかも。

今日も得点機にあと1本が出ない。

1回裏(ノーアウト2塁も…)
森本が左中間を破るツーベース。
小谷野のファーストゴロで三進するが、小笠原三振・セギノールサードゴロでチェンジ

2回表
里崎ライト前ヒット・サブロー四球
パスクチがファーストファールフライの後、大塚のセンター前でまずは1点献上。

2回裏(アルモンテ・ブレーキ1)
信二がショートゴロ、ファーストのエラーで出塁もアルモンテがショートゴロ併殺。

3回表(リー・ボーク1)
今江、西岡サードゴロ。
堀がライト前ヒットの後、ボークで二進。

4回裏(アルモンテ・ブレーキ2)
小笠原がレフト前ヒット。
セギノールのショートゴロの間に二進。
新庄がレフトオーバーツーベースで1点を返す。
信二がショート内野安打もアルモンテは三振。
どこ見て振ってんのよ。

5回表(リー・ボーク2)
初芝が四球、今江がセンター前ヒットで無死1・2塁。
西岡はサードゴロで3・2塁併殺。2死1塁。
しかし、堀のカウント1-0からボークで二進。
堀がレフト前タイムリーで2点目献上。
自滅ですね。

6回表(ピッチャー武田)
リーはさすがにボーク2つでは代えざるを得ない。
代わった武田は三者凡退で抑える。
いいピッチングだった。

7回表
初芝が三遊間を破るヒット、今江がレフト線ツーベースで1死2・3塁。
しかし、西岡のセカンドゴロでサードランナー初芝が飛び出してタッチアウト。
1点儲けた。

7回裏(アルモンテ2つ目の三振)
まったく球が見えていません。

8回表(ピッチャートーマス)
福浦・中飛、里崎・三振、サブロー・一邪飛でピシャリと締める。
今日はトーマスを引っ張ってもいいと思ったのだが。

9回表(ピッチャー建山)
トーマスがフランコから三振を取ったところでピッチャー建山にスイッチ。
客からはブーイングが起きる。
傍目にも球が走ってるように見えただけに当然か。
代わりっぱなに大塚・左中間ツーベース、初芝の代打に李承燁・四球でピンチ。
小笠原のファインプレーで今江・三邪飛、西岡・セカンドゴロでチェンジ。

9回裏(ピッチャー小林雅)
日ハムファンはすでにあきらめムード。
しかし、小笠原が起死回生のセンターライナーホームランで同点。延長へ。

10回表
小坂、福浦に連続でセンターフライ。
両翼なら2本とも入ってる大飛球に見えた。
そして里崎もセンターフライ。
全部フェンスぎりぎりです。明らかに球が浮いてます。

11回表(なぜまだ建山を引っ張る?)
諸積のライト前ヒットでランナー1塁。
そして李承燁にセンターへ2ランを打ち込まれる。
完全に狙ってた打球ですよ。
マウンドに崩れ落ちる建山。
ここでやっと橋本にスイッチ。
遅いよ。監督いなくてもブラウンがいれば一緒かよ。

11回裏(押せ押せだが…)
森本・四球、木元・レフト前ヒットで無死1・2塁。
ピッチャー薮田にスイッチ。
小笠原がライト前ヒットで無死満塁に。
しかし、セギノール・新庄と連続三振。
新庄のスイングは完全にホームラン狙いでした。
一打同点でいいところでやりすぎです。
信二が死球で押し出し。4-3。
小田のサードファールフライで試合終了。

最後の最後で無死満塁の見せ場なのにデッドボールの1点のみ。
手首に当たったように見えたし、明日は信二やばいかもしんない。
小笠原の4安打だけが一筋の光明。

今日のピンバッジ:芝草

画像はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

vs楽天イーグルス - 力投

今日は家でテレビ観戦。

今日も拙攻。
4回裏には小笠原のスタンディングダブルの後に、セギノールがバットを折られながらも三遊間を破るヒットで1死1・3塁に。
しかし新庄が注文通りのショートゴロでゲッツー。

8回2アウトまで入来がノーヒットピッチング。
が、藤井にライト前ヒットを打たれて記録への夢は絶たれる。
しかし、いまだ0-0。
ここで気持ちを切るわけにはいかない場面。
続く益田を三振に仕留めて8回が終了。

8回裏もチャンスを作るがダメ。

入来は9回を投げきって1安打無失点。
これで勝たせられなきゃダメだろ。

9回裏、先頭のガッツがセンター前で出塁。
セギノール三振、新庄デッドボールで1死1・2塁。
そして打席には田中幸雄。しかしショートゴロでゲッツー。

10回表も入来が続投。そして三者凡退に。
11回は建山が登板。内野への打球ばかりで三者凡退。

11回裏、先頭バッター森本が出塁。木元の送りバントで1死2塁。
セギノールのサードゴロを永池がファーストへの悪送球の間に森本がホームイン。

入来の力投が無駄にならなくて良かった。
球場行けばよかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

vs楽天イーグルス - 借金12最多タイ

久々の週末ゲームでゆっくりとドームへ。
先発は立石-山村。

●1回表
1死1・2塁から山崎のヒット。しかし新庄のレーザービームで沖原を本塁封殺。

●1回裏
森本・木元が連続四球で無死1・2塁。
しかし小笠原はショートへのインフィールドフライ
セギノールのファーストゴロの間に2・3塁も、新庄はセンターフライで無得点。

●2回表
打たせてとるピッチングで三者凡退に。
ロペスのテーマ(ドリフの大爆笑)はなんとかならんのか。
外人だからわかってないと思ってナメてないか?

●2回裏
小田レフト前ヒット、竜太郎が後逸の間に2塁へ。
信二ショートゴロでランナー進めず。
稲葉セカンドゴロの間に三進するも奈良原ファーストフライで無得点。

●3回表
佐竹・礒部のヒットで無死1・2塁。
沖原の送りバントを立石の好フィールディングで三塁封殺。
続く吉岡をショートゴロゲッツーに仕留める。

●5回表
佐竹に死球。
1割5分のバッターを歩かせるのは損だな。
しかし礒部のセカンド後方へのフライで二塁まで行ってしまいダブルプレー。
抜けたと思いこんだのか?
続く沖原はツーベース。さっきのダブルプレーが効いた。
吉岡ショートゴロでチェンジ。

立石は打たれたヒットは多かったけど粘りのピッチングで5回を0点で降板。
6回からはピッチャー橋本。

●6回裏
木元がセギノールのエンドランで2死2塁も新庄ショートゴロで無得点。

●7回表
藤井シングルの後、佐竹が送りバント。
礒部は奈良原の好守でショートゴロに打ち取るも、続く沖原にレフトオーバーツーベースを打たれて先制点を許す。

●8回表
ピッチャートーマスに交代。
セカンド内野安打の益田に代えてピンチランナー鷹野。
永池に15球粘られて歩かせてしまい1死1・2塁。
これでリズムが狂ったか、続く斉藤に右中間を破るスリーベースを打たれて2点を献上。
さらに藤井がライトへの犠牲フライで4-0。

●9回表
今季初登板のピッチャー武田。
いい球投げてました。

●9回裏
イーグルスはピッチャー福盛。
最後に見せ場が来た。

ガッツがレフトオーバーツーベース。
セギノール犠牲フライで1死3塁。
新庄の犠牲フライで1点を返す。

2死ランナー無しだが、ピンチヒッター田中幸雄がセンター前ヒット
相変わらず軽々とバット振ってるなぁ。
なんで控えに回らにゃいかんのか悩む。

高橋信二がレフト前ヒットで1・3塁。
続く稲葉も勝負強さを発揮して、ライト線ツーベースで2点目。

そして2死2・3塁、一打同点の場面でなぜかピンチヒッターアルモンテ
この采配は理解に苦しむ。
スタンドからも「えっ!?」「は!?」という声が上がった。

相変わらず見当違いなスイングをしてる。
カウント2-3から三振で試合終了。

ダメ外人2人のおかげで負けましたね。

イーグルスにまさかの連敗で借金は12。
11連敗のときに逆戻りです。
明日負けて楽天に3連敗という事態になれば今季のワーストを更新してしまう。
それだけは避けてくれ。

今日のピンバッジ:トーマス

画像はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/13

vsソフトバンクホークス - 借金2ケタに

先発は田之上-金村

5回表ノーアウト2・3塁でバティスタをファールフライに打ち取る。
松中を敬遠でしてワンアウト満塁で城島と勝負。
ショートゴロゲッツーで最高の結果。

直後の5回裏は先頭バッター高橋がヒットで出塁。
しかし、後続が倒れて無得点。

7回表、川崎の2ランで勝ち越しを許す。
気落ちしたところにたたみかけるように松中がソロホームランで5-2。
金村はここで力尽きて矢野へ交代。

7回裏、先頭打者の小田が初球をホームランで5-3。
続く高橋信二もツーベースで田之上が降板。

8回はホークスが鳥越の2点タイムリーで突き放す。
矢野→吉崎へ交代。

最後は馬原がきっちり締めて試合終了。
これで借金が10になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

vsオリックスバファローズ

今日はラジオ放送すら無し。
会社帰りにチェックしたら5回表を終わった段階で7-0でリード。
問題なかろうと思って、午後10時ぐらいに結果を見て10-7になっててビックリした。
それでも新庄が2本のソロを含む3安打、そしてなによりガッツが3安打と主軸に当たりが戻ってきたのは明るい材料。
明日も頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらばVJE

バックスが販売を終了
ということで、VJEが消えていく。
98時代にはATOKや松茸を使ってはVJEに戻るというような使い方をしていたけど、WindowsになってからはATOK一辺倒になってしまった。
一時代を築いたVJEに乾杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャケットフォン 改め W-SIM

WILLCOM SIM STYLE登場。

だっせぇ試作1号機は置いとくとして(笑)
KX-HV200以降は機種変せずに京ポン2を待っていたが、久々にワクワクするデバイスが来た。
ほぼ使っていない状況のPHSだけど、解約するのはヤメだ。
これに対応したPalmデバイスなんか出た日にゃ即買いですよ。PocketPCでも買うけどな。
Wi-Fi+W-SIMでパーフェクトっしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/06

vs千葉ロッテマリーンズ - 痛恨の一球

先発は金村-小野
敵失と2ランで3点先制。

今日の金村は球数が球数が少ないと思っていたら、6回表に大ピンチ。
1死満塁でバッター福浦にフォアボールで押し出し。
ベニーをゲッツーに仕留めて何とか1点で抑えた。
7回表も無死満塁から内野ゴロ2つで無得点。

これで今日は平穏に終わるかなと思っていたら9回にイスンヨプの同点2ランorz
ラジオ解説の新谷がずっとオカルトな解説をしていたが、オレもそんな予感はしていた。

10回には同点にもかかわらずヨコヤマン登板。
こういう起用法は嫌いではないが、背水の陣。
いきなりヒット+フィルダースチョイスで無死1・3塁。盗塁で2・3塁。
さらにフォアボールで無死満塁( ゚Д゚)
福浦内野ゴロの間に1失点。
ベニーのヒットでさらに2失点。
ピッチャートーマスに交代し、後続を断つも当然ながらマウンドにはコバマサ。
もうダメぽ。

新庄は内野安打で出塁するが、ぴしゃりと締められて終了。
借金なかなか減らないなぁ。

それにしても、ホークスは手がつけられない状態。
3回終了で0-13って高校野球の予選かよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

vs千葉ロッテマリーンズ - 自作自演

先発は立石-清水。
5回表、2死満塁のピンチをパスボールから本塁で刺してチェンジ。自作自演。
5回裏の攻撃はなんと奈良原の2号ソロホームランが飛び出した。
さらにガッツにも2ラン。

8回には代打田中幸雄が2ベースで1死2・3塁から稲葉・高橋とダメ押しの連続2ベースで1-8。
幸雄はこれで残り51本。マジで今シーズン中の達成見えてきてない?

9回は橋本が無失点で締めて終了。
勝ち星は自作自演の吉崎に。
とにもかくにもイヤな連敗を脱出。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/04

vs千葉ロッテマリーンズ

家に帰ってきたときは6回表終了時。
1-2で1点ビハインド。
ラジオをつけると小田のホームランで同点。
坪井、奈良原がランナーに出るが、森本三振で同点どまり。

6回裏、ロッテは久保に変えてピッチャー藤田。
連勝中の久保を同点で変えてきた。さらに藪田にスイッチ。
ダルビッシュは7回を投げたところでお役ご免。
両先発投手とも勝ち負けのつかない状態で降板か。

リードされたらコバマサが出てきて終わりだからなんとしても8回表を押さえて、裏にリードを奪わなければならない状況。
日ハムの二番手は建山。
福浦にセンター前ヒット、フランコがエラーで出塁。
いきなりノーアウト1・2塁のピンチ。
ベニー・李を連続三振、里崎を一邪飛に打ち取ってなんとか無失点。
9回も押さえて延長戦へ。

…なんでトーマスよ?
ガッツが2塁カバーに入ってしまったせいで、堀はセンター前ポテンで3塁まで進んだorz
福浦にフォアボール、そして大塚の勝ち越しタイムリーでトーマス降板。
1点勝ち越された状態でヨコヤマン登板、満塁策へ。
打ち取ったと思われた当たりがガッツのエラーで1点追加orz
気落ちしたところに、さらに2点タイムリーで2-6。
最後はコバマサにきっちり締められて3連敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/03

vs楽天イーグルス

先発は入来-岩隈。
大乱調の岩隈からノーアウトのまま4点を奪う。
1回表が終わった段階で球数は42球。

入来もピリッとしねぇ。
こちらも1回裏に30球以上を費やす。

2回裏には小笠原が昨日に続いてのエラー。
3回にもエラーではないが、小笠原のマズイ守備のあと、鷹野の3ランで試合は振り出しに。
6回表は1死2塁から代打田中幸雄で2死3塁。しかし、勝ち越しの一打は出ず。
6回裏1死満塁のピンチは奈良原からのゲッツーで切り抜ける。
7回表、木元がヒット+エラーで一気にサードへ。しかしタッチアップで本塁憤死orz
7回裏からピッチャー矢野。3人で締める。
8回裏、2死3塁の場面でピッチャー吉崎に交代。しかし変わった吉崎が礒部にタイムリーを打たれて勝ち越しを許す。

まさかまさかのイーグルスに連敗。
勝てば3位浮上のところが5位転落。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

vs楽天イーグルス

最悪の結末だ。
取らなきゃいけない試合だったのに、フォアボール・レフトフライの後、4連打で4点取られてサヨナラ負け。

やっとファイターズファンクラブでオールスター後のチケットが発売になった。
8/7(日)、13(土)、27(土)を購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

ラスト・ジゴロウ

北海道の放送では今日がジゴロウの見納め。
最後は県西レンジャーのうたでおしまい。
来週から出る新モビルスーツを楽しみにするしかないか。

ちなみに今日は朝から客先なんで街中へ出ます。
ということは、東急ハンズに足が向かうということだ(笑)
先月、客先に行った帰りはストラップとマスコットキーホルダーを買いました。
とりあえずアクションフィギュアを押さえておかなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »