« PEG-TJ25 環境整備 | トップページ | CASIO Z-1改 »

2005/06/15

vs広島東洋カープ - ダルビッシュ初勝利!

会社から定時ダッシュ。
ドーム到着は3回表が終わるところ。
いきなりガッツ2ランですでに5-0。

ダルビッシュ先発ということで平日にもかかわらず25000人の客入り。
ゴールデンルーキーの初登板で、あきらかに観客のテンションはいつもと違う。

5回表まで3安打無失点。
そのうちの内野安打2本はミスジャッジ、またはエラーだと思う。
7回まではほとんど外野に球がとばない状態。
だが、ここでまたしてもファースト塁審東のミスジャッジ。
言われのない1死満塁のピンチも切り抜ける。

7回裏は攻め立てるも本塁悪送球の間の1点のみ。
ランナー2・3塁で3連続ショートゴロは厳しい。
大量リードがなければ一気に風向きが変わるところでした。

しかしまぁ、東はアウトとセーフの基準がはっきりしないな。
最後のショートゴロも広島のときはセーフって言ったタイミングだろうよ。
7回までは強い打球とはいえ、ほとんど内野ゴロだったが、8回には打ちとっているものの、球が浮き始めて外野に高い飛球がいきだした。

まずいなぁ、と思っているが9回はやっぱりダルビッシュ続投。
そりゃ、初登板初先発で完封がかかってますからね。
が、8回の不安が的中し、新井・野村とソロ2連発。

ここで橋本に交代。
8回から球筋が甘くなってきて、このまま続投すればさらにつるべ打ちになるのは目に見えている。
大連敗後で星を取り戻さなければいけないときにも関わらず、あえて初登板のルーキーを先発にもってきた。
次回登板への課題を多少与え、ゴールデンルーキーに初勝利をプレゼント。
そして、これを機にチームも波に乗らなければいけない。

誰が見てもセオリー通り、当然の交代だとオレは思った。

しかし、まわりの観客は「ヒルマンふざけるな!」だの、「ファンをなくすぞ!」だの好き勝手な世迷いごと言いだしやがった。
お前らホントにわかって試合見てるか?

ダルビッシュに期待しているのはわかるけど、変わった橋本もルーキーだぜ?

ルーキー2人がきちんと仕事をして、いい形で勝利をものにした。
でも、ダルビッシュだけを判官贔屓で見ている客との温度差を感じた。
いい試合だったけど、後味はそれほど良くはない。

画像はこちら

|

« PEG-TJ25 環境整備 | トップページ | CASIO Z-1改 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vs広島東洋カープ - ダルビッシュ初勝利!:

« PEG-TJ25 環境整備 | トップページ | CASIO Z-1改 »